成功するために「手間」と「不安」を楽しもう

成功に「不安」「手間」を排除した最短ルートはない?

こんにちは!自分ブレイクスルー研究会の新藤さとるです。

現在、日々の学習習慣を支援するバーチャル学習塾『偏差値40からの逆転勉強法』を運営しています。

さらに、起業家の起業家による起業家のためのメンタルトレーニング『福業 THE BASIC』を運営しています。

今回のテーマは、「不安と向き合い手間暇かけて成功する」です。

みなさんは、日頃どんな不安を抱いていますか?それらの多くは、多分、こんな風に形隠れて見えなくてなってしまうかもしれません。

忙しい、、、

疲れた、、、

お腹が空いた、とか、眠い、、、

人はなぜ疲れるのか?

まあ、こんなアホなことをまじめに考えることはあんまりないんじゃないのかなぁと思うわけですが、

自分の行動や、これも、たまたまなんですが登校拒否の事案をちょっとだけ扱っていた時に思ったのですが、

疲れた、とか、やる気でない、とか、こんな時は、必ず本心があり、それは、ズバリ!「結果に対する不安」がある場合がほとんどです。

ではなぜ?

ということになります。

「そりゃ、不安があるからに決まってるじゃん!」というわけですが、、もっと深く見ていきましょう!

手間がかかるから!手間がかかるから?

わたしたちは、ちょっとのことで心のハードルを高くして、「手間がかかる」「忙しい」「疲れた」などとなるわけです。

言葉で言うのなら、「△△になるくらいなら、〇〇しないほうがマシ」という方がしっくり行いくかたがいらっしゃるかもしれませんね。

では、なぜ、ちょっとしたことで億劫になってしまうのでしょうか?

これには脳の進化のスピードが関わってきます。

人間の脳は思ったほど進化していない、少なくともイエスキリストや仏陀が活躍していた時にさかのぼったとしても全然進化していないはずです。

人類は歴史上で相変わらず同じことを繰り返すし、千代に八千代に言い伝えられていることも古きを知ってまた新しきを得る、が如くです。

それに引き換え、周りの環境というか技術は著しく進歩を遂げています。

頭の中が、「まだ昔のまま」なのです。

どうしてそんなに不安なのか?

小さいことにくよくよして、なかなか行動に結びつかない。

このことは誰しも経験しているはずです。「あんな事、こんなことをしてしまったら死んでしまうのかもしれない?!」と言うわけです。

実際には、文明的な生活をしている限りでは身の危険はないのですが、太古の昔にはきっと、狼に喰われる、熊に襲われる、などのリスクがあったので、ちょっとのチャレンジも、「今じゃない!やめとこう」と言う形で、リスク回避を人間は無意識にえらんでしまうのです。

いわば、正しい生命維持反応をしているということです。ただし、今は平成の世、脳みその中の言葉を書き換えて、新しい バージョンでの私に変われたらいいですね。つくづくそう思います。

どうしたら成功するのか?

前置きが長すぎた感がありますが、ここで本題です。

どうしたら成功するのでしょうか?

誰しも様々な分野で成功を収めているはずで、しらずしらすに達成してしまっているわけですが、そうです!

気づかないくらいハードルのない方法で明確な目的を持って!大量行動を取る!です。中学生時代のマインドに戻りましょう!サルのように何かに一点集中して没頭していたはずです。

疲れを忘れるくらい、集客なら、自分ならこれだったら出来る!ポスティングでも、ビラ配りでも、アメブロでも、フェイスブックでも、

たとえ、周りに「それ、違うよ」と言われてもやり遂げればいいわけです。最初はそんなにスムーズにはいかないはずです。原理原則を外さなければいいのです。

学ぶべきは、原理原則であって、やるべきは、他を圧倒する徹底行動なのです。そのエリアでナンバーワンになれるはずです。

疲れた、もういい、という意識もしないくらいハードルを低くして一つ一つ、これも気づかないくらい、後引く感じでやり遂げる「メニューを作る事です」ね。実行可能な、です。

心の中の不安手間暇感を排除した徹底的な「ゆるゆる成功プラン」これをすれば絶対に成功する!

もう、「〇〇できない」なんて言わないで、自分だけのシークレットプロジェクトである「ゆるゆる成功プラン」で気長に、でも着実に場固めしながら、足踏みしながら、成功しちゃいましょう。(私も)

真理・天則である原理原則は成功者から学べますが、成功メソッドは自分でしか培えないことをお忘れなく!

成功には「最短ルート」なんてなく、あなたの人生の軌跡に答えがあります。

最後までお読みいただきありがとうございました!


起業家の起業による起業家のためのメンタルトレーニング 『福業 THE BASIC』


やればできる だれでも やれるようになる 『偏差値40からの 東大合格も! 逆転勉強法』